バイアグラの批判的な意見

バイアグラ,薬局

多くの男性が興味を示しているバイアグラについて批判的な意見を持つ男性もいるのです。

 

それぞれの主張は異なりますが、バイアグラの広告や世間の広まり方に疑問を持つ人が多いようです。バイアグラフィーバーを人為的に作り出されたものだというのです。

 

「バイアグラについては何もかもが大げさすぎるように感じるのです。社会が男性たちを狂わせて命令に従わせる、本当は必要ないことまでさせているように感じるのです。

 

バイアグラがEDならだれにでも効く薬であるわけがないのです。ファイザー製薬の説明の仕方が男性たちを本気にさせているだけなのではないかと感じる。 バイアグラのつくられ方が男性たちを本気にさせている。

 

男性たちが性行為に興味がなくなってしまっても、周りを見たら、やらずにいられなくなってしまう環境をファイザー社がつくり上げてしまったのではないでしょうか?」

 

「ファイザー社の多くの宣伝を見ていると、EDになってしまうともう人生が終わりだという感じを受けます。本当はそんなことはなく、性行為ができなくても幸せに生きる方法はたくさんあるのです。しかし、EDになるとバイアグラが無いと治らない、もう男として生きていくことはできないと考えさせる効果がファイザー広告にはあるのです。」

 

このようにバイアグラについて否定的な意見を持つ人たちは、神話に出てくるような男らしさを金で手に入れるのを拒んでいるのです。

 

医療の進歩や公衆衛生の危機を表現するのに使われる問題の言葉を見抜いているのです。

 

一部の男性はバイアグラに津陽区抵抗し、男らしさとバイオテクノロジーと医学を自分たちの考えで消化しているのです。

 

消費者は自分の体に問題ありとし、バイアグラを技術的処置あるいは、魔法の解決策として解釈するのではなく、大きな社会問題が引き起こした疑わしいものだと認識しているのです。

 

しかし、こうした懐疑的な意見は、倍が裏をたたえる者たちの大きな声によってかき消されてしまっているのが現状です。